Vostro V13レビュー速報:(1)DELL担当者が話してくれたVostro V13の特徴

先日、Vostro V13に関するブロガーミーティングが開催されました
(DELLのスタイリッシュビジネスノートVostro V13の実機に触ってきました!)
が、そこでDELL担当者が、Vostro V13に対する熱い想いを語ってくれました。

ここでは、Vostro V13が、何を目指して開発されたのか、どのような特徴を
持っているのかについて詳しく見ていきたいと想います。

お話してくれたのは、DELL SMB(スモールアンドミディアムビジネス)
マーケティング本部の原田本部長と、

dell SMB

伊田シニアマネージャです。

dell SMBスモール

★話題のパソコン人気ブログランキングはこちら★

原田氏が、Vostro全般のお話、伊田氏がVostro V13に関する詳細
について話してくれました。

お二方とも、堅苦しくなくフランクに話してくれたので、
場内は非常に和やかな感じで、時折爆笑に包まれました。

Vostroは、従業員が1〜500人程度の企業を対象とするビジネスシリーズです。
つまり中小企業ということですね。この規模の企業は、専任のITスタッフを
抱えていないところも多いので、 Vostroでは、管理にかける負担を軽減すると
同時に、優れたコストパフォーマンスを実現することを目指しています。

しかし、これまでのVostroノートは、個人向けのノートを黒くして、
いらないソフトウェアを削除した、という代物でした。
つまり、見てくれは二の次で、コストパフォーマンスを最重要視していた
ということです。

そこで、デザイン+薄さにこだわったモバイルノートを新たに
生み出したというわけです。 さらに、薄型だがフルスペックPCの性能
を搭載するということにもこだわったそうです。

軽さでは断然ミニノートの方が優れているのですが、ミニノートでは性能が
今一つのため、なんとかならないか、ということで作ったPCです。

dell Vostro

天板部分の質感は、これまでのVostroとは明らかに違います。
これまでのVostroではプラスチックを使用していましたが、
V13ではアルミニウムを採用。したがって、ある程度の衝撃には耐えられる
堅牢性を備えています。ただし、アルミニウムを採用したため、ちょっと
重くなってしまい、重量は1.59kgです。

薄さは1.65cm。フルフラットデザインのため、変なでっぱりがなく、
かばんからの出し入れはしやすいと思います。

dell Vostro V13

ヒンジ部分がよく外れるという話があったので、亜鉛強化してあります。
こうしたちょっとした工夫はうれしいですね。そういえば、以前使っていた
ノートパソコンで、1年ぐらい使うとヒンジ部分がへたって難儀したことがありました。

dell Vostro V13亜鉛強化

液晶は13インチのノングレア液晶。最近のノートの液晶は見映えのする
光沢付きのグレアタイプが多いのですが、ビジネスシーンでは、
反射を抑える必要があるという判断でノングレアタイプになったそうです。

会場内の参加者も皆、この説明にうなずいていました。私も、
外で使うことの多いモバイルノートにグレアタイプ液晶はいらないと
考えているので、こうした判断は大歓迎です。

グレアタイプだと、野外で使用すると、反射しまくって何も
見えなくなっちゃうんですよね。

dell Vostro V13 液晶

普通に打ってオフィスワークができるコンセプトに基づき、
キーボードはデスクトップ並みのフルサイズキーピッチ19mmを確保。

dell Vostro V13キーボード

プロセッサは、Core2 SoloかCeleronを選択可能。
本当は、より高性能なCore2 Duo SU900シリーズを搭載したかったが、
高くても6万円台を実現したかったので、
価格とのバランスを考慮して断念したそうです。

メモリは2GB固定。メモリソケットは1つしかないため、増設することはできません。
また自分で交換すると、DELLの保証の対象外となってしまいます。
ただし、構造上は交換できるので、あくまで自己責任で
交換することは可能だということです。

また、DELLとしては珍しくBTOが限られています。
カスタマイズできるのは、CPU2種類HDD2種類(250GB/320GB)のみ。
できれば、メモリを4GBにアップグレードできると、
さらにパフォーマンスが向上してよかったのですけどね。

最小構成で5万円台からと、かなりコストパフォーマンスに優れています。
この点は、参加者もかなり納得していました。
一部の人からは購入したいという声も。

この質感と価格の両立を実現。さらに普通に仕事ができるということで、
伊田氏では、大ヒットとはいかなくても、中ヒットの予感があるそうです。
実際、受注状況も好調なようです。

このVostro V13、日本独自で作り出した製品ではありませんが、
しコードネームは日本ぽい名前になっていたとのこと。したがって、
日本を意識した商品であることは間違いありません。

なんでも、アメリカだと3.5kg未満はすべてモバイルというくくりに
なってしまうらしいので、それだと日本のノートはすべてモバイル
になってしまうとのこと。そういう考え方じゃ、本当の意味での
モバイルノートは生まれないですよね。

次は、Vostro V13の各パーツについて詳しくレビューしていきます。


*詳しい情報は、Vostro V13詳細情報 (DELL Webサイト)にアクセスしてください。

Vostro V13

【Vostro V13レビュー速報】
1)DELL担当者が話してくれたVostro V13の特徴
2)Vostro V13のデザイン/薄さ/重量をチェック!
3)Vostro V13の各パーツをチェック!
4)Vostro V13は買いか?
5)実際に操作した感想

【関連記事】
・「DELLのスタイリッシュビジネスノートVostro V13の実機に触ってきました!
・「DELL、薄型・軽量ボディのスタイリッシュビジネスノートVostro V13発表!

Vostro V13






DELL個人向けパソコン
DELL個人向けノートパソコン
DELL法人向けデスクトップパソコン
DELL法人向けノートブックパソコン
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLパソコンをレビューで選ぶ
法人向けデルパソコン
初心者のためのデルパソコン購入講座
DELLパソコン Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンNew Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンXPS 13使用レビュー
DELLパソコンInspiron 14z使用レビュー
DELLパソコンXPS 8500使用レビュー
DELLパソコンInspiron 660s使用レビュー
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • エプソンダイレクト比較購入ガイド
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
用途別パソコン一覧
  • Chromebook
  • ウルトラブック
液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
サウンドシステム
  • BOSE

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM