DELLのミニタワー型デスクトップInspiron 3847とXPS 8700の違い

ここではDELLのミニタワーデスクトップInspiron 3847XPS 8700について比較し、その違いについて解説します。

まずInspiron 3847はデルのエントリシリーズであるInspironシリーズ、XPS 8700シリーズはハイエンドのXPSシリーズに位置づけられるマシンです。基本性能でいえば、XPS 8700の方が上回っています。

【Inspiron 3847とXPS8700の比較】
 
Inspiron
3847
XPS 8700
Inspiron 3847
筐体
ミニタワー
ミニタワー
 
Graphic Proシリーズ
CPU
インテル Corei5-4460 プロセッサー (6M キャッシュ, 最大 3.4 GHzまで可能)

インテル Corei7-4770 プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.90 GHzまで可能)
インテルCore i5-4460 プロセッサー (6M キャッシュ, 最大3.4 GHzまで可能)

インテル Corei7-4790 プロセッサー (8M キャッシュ, 最大4.0 GHzまで可能)
高性能
グラフィックス
NVIDIA GeForce GT 705 1GB GDDR3
標準搭載
(NVIDIA GeForce GT 720/
NVIDIA GeForce GTX 745/
NVIDIA GeForce GTX 750Ti/
AMD Radeon HD R9 270)
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ
DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイコンボドライブ
無線LAN/
Bluetooth
メモリスロット
DIMM×2
DIMM×4
ベイ
5.25インチベイ×2
3.5インチベイ×2
5.25インチベイ×2
3.5インチベイ×4
(4個のHDDベイをサポート: 3.5インチHDD x 3を含む。SSDを1台とHDDを3台構成可能 )
PCIスロット
PCI Express x16 ×1
PCI Express x1 ×2
PCI Express x16 ×1
PCI Express x1 ×3
ポート類
背面:
USB 3.0 x 4、USB 2.0 x 2、HDMI、VGA、RJ-45(10/100/1,000 Ethernet)、3極オーディオジャック(5.1サラウンドサウンドをサポート)

前面:
USB 2.0 x 2、8-in-1メディアカードリーダー、マイク/ヘッドフォンジャック
背面:
HDMI、ディスプレイポート、RJ-45(10/100/1000Base)、オーディオ(7.1チャネル(6ジャック)プレミアムオーディオパフォーマンス)、マイク、ライン入力、USB 3.0ポート x 4、USB 2.0ポート x 2

前面:
、USB 3.0ポート x 2、メディアカードリーダー(19-in-1)

上面:
USB 2.0ポート x 2 (トップ)、マイク入力、ヘッドフォン
電源
300W
460W
寸法
幅178mm
×
高さ369mm
×
奥行き432mm
幅185mm
×
高さ407mm
×
奥行き444mm
レビュー
DELL Webサイト

いずれのモデルも、動画/画像の編集を快適にできるよう設計されたDELL Graphic Proシリーズに位置づけられており、高性能グラフィックスを標準装備。ただし、Inspiron 3847がローエンドのNVIDIA GeForce GT 705しか搭載できないのに対し、XPS 8700はそれよりも高性能なNVIDIA GeForce GTXシリーズなどを選択可能。より高い描画処理能力を発揮できます。

またブルーレイコンボドライブを選択できるのはXPS 8700のみです。

メモリスロットはInspiron 3847が2つなのに対し、XPS 8700は4つ。3847は最大8GB搭載モデルしか選択できませんが、XPS 8700では最大16GB搭載モデルを選べます。

5.25インチベイはいずれも2基搭載していますが、HDDを搭載できる3.5インチベイは、Inspiron 3847が2基なのに対し、XPS 8700では4基を搭載。

PCIスロットの種類と数は、XPS 8700がPCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×3なのに対し、Inspiron 3847はPCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×2。XPS 8700の方がPCI Express x1を1基多く搭載しています。

筐体ですが、どちらもミニタワー型を採用していますが、大きさが異なります。

Inspiron 3847 XPS 8700 違い 比較

XPS 8700の方が少しだけ筐体が大きめです。上の写真の左がXPS 8700、右がInspiron 3847です。


前面部は、XPS8700が前傾姿勢になっているのに対し、Inspiron 3847は直立状態。またXP8700の方が、一番前が尖ったデザインになっています。どちらも前面部は光沢加工処理されているのがわかります。


奥行きはほぼ同じ。上面部にはいずれも窪みが配置されており、スマホなどを置いておくことができます。Inspiron 3847の窪みの方が広めですが、深さはXPS 8700の方があります。またXPS 8700ではUSB×2、イヤホン端子、マイク端子が配置されていますが、Inspiron 3847には端子類は配置されていません。


Insipiron 3847では、USB 2.0×2、イヤホン/マイク、メディアカードリーダーが前面部中央に配置されており、カバーで覆われているのに対し、XPS 8700では前面部にUSB 3.0×2、メディアカードリーダーが一番上に配置されており、カバーには覆われていません。

なのでXPS 8700の方が、これらの端子に埃が溜まりやすいので注意が必要です。ちなみXPS 8700のマイク/イヤホン端子は上面部に配置されています。またXPS 8700のカードリーダーは19-in-1、Inspiron 3647のカードリーダーは8-in-1。XPS 8700ではコンパクトフラッシュタイプのカードの読み取りが可能です。


背面部を比較するとこんな感じになります。左がXPS 8700、中央がInspiron 3847です(一番右はInsiron 3647)。

以上、見てきたようにInspiron 3847とXPS 8700はいずれもGraphic Proシリーズに属するミニタワー型筐体ですが、その特性は異なっています。

一定のパフォーマンスを必要とするがコストパフォーマンス重視ならInspiron 3847を、より性能重視ならXPS 8700がオススメです。


*詳しくは、Inspiron 3847詳細情報 / XPS 8700詳細情報 (DELL Webページ)を参照してください。


【Inspiron 3847レビュー】
ミニタワー型筐体を採用したエントリーデスクトップInspiron 3847の魅力に迫ります。詳しくは、Inspiron 3847レビューを参照してください。
Inspiron 3847レビュー

【XPS 8700レビュー】
インテル第4世代Coreプロセッサを搭載したハイパフォーマンスデスクトップXPS 8700について詳しく解説しています。詳しくはXPS 8700レビューをチェックしてください。
XPS 8700

デル株式会社




DELL個人向けパソコン
DELL個人向けノートパソコン
DELL法人向けデスクトップパソコン
DELL法人向けノートブックパソコン
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLパソコンをレビューで選ぶ
法人向けデルパソコン
初心者のためのデルパソコン購入講座
DELLパソコン Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンNew Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンXPS 13使用レビュー
DELLパソコンInspiron 14z使用レビュー
DELLパソコンXPS 8500使用レビュー
DELLパソコンInspiron 660s使用レビュー
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • エプソンダイレクト比較購入ガイド
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
用途別パソコン一覧
  • Chromebook
  • ウルトラブック
液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
サウンドシステム
  • BOSE

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM