DELLエントリーデスクトップInspiron 3847と3647の違い

DELLから、デスクトップInspiron 3847 / 3647が登場しました。いずれも、エントリーデスクトップとして位置づけられた、コストパフォーマンスに優れたPCです。

ここでは、Inspiron 3847と3647のスペックを比較してみたいと思います。

【Inspiron 3847と3647の比較】
 
Inspiron
3847
Inspiron
3647
 
Inspiron 3847
Inspiron 3647
筐体
ミニタワー
スモールフォームファクタ
 
Graphic Proシリーズ
-
CPU
インテル Corei5-4460 プロセッサー (6M キャッシュ, 最大 3.4 GHzまで可能)

インテル Corei7-4770 プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 3.90 GHzまで可能)
インテル Pentium プロセッサー G3240 (3M キャッシュ, 3.1GHz)

インテル Corei3-4150 プロセッサー (3M キャッシュ, 3.5 GHz)

インテル Corei5-4460S プロセッサー (6M キャッシュ, 最大 2.9 GHzまで可能)
メモリ
8GB
4GB/8GB
HDD/div>
1/2TB
500GB/1TB
グラフィックス
NVIDIA GeForce GT 705 1GB GDDR3
インテルHDグラフィックス
光学ドライブ
DVD
DVD
無線LAN/
Bluetooth
メモリスロット
DIMM×2
DIMM×2
ベイ
5.25インチベイ×2
3.5インチベイ×2
5.25インチベイ×1
3.5インチベイ×1
PCIスロット
PCI Express x16 ×1
PCI Express x1 ×2
PCI Express x16 ×1
PCI Express x1 ×1
(物理的な制約あり)
ポート類
背面:
USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 4、HDMI、VGA、RJ-45(10/100/1,000 Ethernet)、3極オーディオジャック(5.1サラウンドサウンドをサポート)

前面:
USB 2.0 x 2、8-in-1メディアカードリーダー、マイク/ヘッドフォンジャック
背面:
USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 4、HDMI、VGA、RJ-45(10/100/1,000 Ethernet)、3極オーディオジャック(5.1サラウンドサウンドをサポート)

前面:
USB 2.0 x 2、8-in-1メディアカードリーダー、マイク/ヘッドフォンジャック
寸法
幅178mm
×
高さ369mm
×
奥行き432mm
幅102mm
×
高さ267mm
×
奥行き381mm
レビュー
DELL Webサイト


1.筐体が違う
Inspiron 3847はミニタワー型の筐体、3647はスリムタイプよりも小さいSFF(スモールフォームファクタ)筐体を採用しています。なので、幅は3647の方が約8cm、高さも約10cmコンパクトになっています。

Inspiron 3847 3647 違い 比較
上の写真の左が3847、右が3647です。


3647の方が非常にコンパクト。


幅、奥行き、高さのすべて点で、Inspiron 3647が小さくなっています。設置スペースを重視される方にとっては、この大きさの違いは大きいでしょうね。

ただし、拡張性についてはミニタワー型筐体採用の3847が圧倒的に有利です。メモリスロット数は同じですが、5.25インチベイ/3.25インチベイ/PCI Expressx1スロットの数では、3847が3647を上回っています。また3647は設置スペースが狭いため、標準のPCIカードを搭載することができないという制約があります。

設置スペース重視なら3647、拡張性重視なら3847がオススメです。

2.Inspiron 3847はGraphic Proシリーズ
ミニタワー型デスクトップのInspiron 3847は、動画/画像の編集を快適にできるよう設計されたDELL Graphic Proシリーズに位置づけられていますが、スリムタイプの3647はGraphic Proには含まれていません。

大きな違いは高性能グラフィックスを搭載しているかどうか。3847がNVIDIA GeForce GT 705 1GB GDDR3を標準で搭載しているのに対し、3647はチップセット内蔵タイプのインテルHDグラフィックしか選択できません。

動画や画像の編集といった負荷のかかるタスクをこなしたければ、3847がオススメです。

3.搭載できるCPUが違う
Inspiron 3847と3647はいずれも第4世代インテルCoreプロセッサを搭載できますが、3847では、ハイエンドのCore i7を選択できます(3647ではCore i3/5しか選択できません)。したがって、3847の方が、より高い性能を発揮できます。

一方、3647ではインテルPentiumプロセッサも選択できます。よりコストパフォーマンスを重視した構成にしたい場合には、Inspiron 3647のPentium搭載モデルがオススメです。




いずれのモデルも、前面に配置されている端子はカバーで覆われています。


背面部を並べて見るとこんな感じ。

*******************************
以上、見てきたようにInspiron 3847と3647はどちらもエントリーデスクトップとして位置づけられていますが、その特徴は異なります。まとめると、次の表のようになります。

比較項目
Inspiron 3847
Inspiron 3647
筐体
ミニタワー
SFF
拡張性
省スペース性
パフォーマンス
価格

省スペース性を重視するのならInspiron 3647、パフォーマンス重視なら3847です。

性能がちょっと低めの分、3647の方が価格も安く設定されているので、コストパフォーマンス重視なら3647がいいでしょう。

なお、拡張性/パフォーマンスを最重要視するのなら、Inspiron 3847に加えて、ミニタワー型筐体採用のハイエンドマシンXPS 8700も検討してみるといいと思います。


*詳しくは、Inspiron 3847詳細情報 / Inspiron 3647詳細情報(DELL Webページ)を参照してください。


【Inspiron 3647レビュー】
スリムタイプボディを採用したエントリーデスクトップInspiron 3647の魅力に迫ります。詳しくは、Inspiron 3647レビューを参照してください。
Inspiron 3847レビュー

【Inspiron 3847レビュー】
ミニタワー型筐体を採用したエントリーデスクトップInspiron 3847について詳しく解説します。詳しくは、Inspiron 3847レビューを参照してください。
Inspiron 3847レビュー

デル株式会社




DELL個人向けパソコン
DELL個人向けノートパソコン
DELL法人向けデスクトップパソコン
DELL法人向けノートブックパソコン
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLパソコンをレビューで選ぶ
法人向けデルパソコン
初心者のためのデルパソコン購入講座
DELLパソコン Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンNew Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンXPS 13使用レビュー
DELLパソコンInspiron 14z使用レビュー
DELLパソコンXPS 8500使用レビュー
DELLパソコンInspiron 660s使用レビュー
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • エプソンダイレクト比較購入ガイド
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
用途別パソコン一覧
  • Chromebook
  • ウルトラブック
液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
サウンドシステム
  • BOSE

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM