デルXPS 13レビュー速報/最薄部6mmの薄さを実感!

DELLのUltrabook(ウルトラブック)カテゴリーの新モデルとしてXPS 13が発売になりました。DELLの新製品説明会でXPS 13の実機に触れることができたので詳しくレビューしたいと思います。

Ultrabookとは、インテルが提唱する薄型・軽量のモバイルノートパソコンのことです。インテルの高性能Core iシリーズを搭載していること、本体の厚さは2cm以下であることという基本設定が設けられています。つまり薄型・軽量化を極めつつ、高い性能を実現するという矛盾した命題を取り込んだノートだということができます。

すでに東芝、エイサー、レノボ、HPなどからウルトラブックが販売されていますが、DELLとしてはこのXPS 13が初めてのウルトラブックとなります。担当者の弁によれば、市場一番乗りとはいかなかったが、驚きを与える仕上がりになっていると自負しているとのこと。

dell XPS 13レビュー
その最大の特徴は、とにかく薄いこと!最も厚い部分でも18mmしかなく、最薄部だとなんと6mm。非常に薄いです。実際に持ってみましたが。。。

★話題のパソコン人気ブログランキングはこちら★

スリム
横から見るとパソコンに見えないぐらいの薄さです。このぐらい薄いと持ったときにたわんだりしないか心配になりますが、天板にはアルミ、ボディに炭素繊維、液晶に強度に優れたGorillaガラスを採用しているため、非常に頑丈なつくりになっています。両手で強くねじってみましたが、ほとんどたわみませんでした。したがって、外にも安心して持ち出せると思います。

 XPS 13レビュー
液晶を開いてみると、この薄さ。

レビュー
シャープなデザインが印象的です。

天板
天板は高級感溢れるアルミを使用しています。非常に質感に優れ見た目が綺麗であるばかりでなく、指紋や汚れがつきにくい仕様になっています。

質感
試しに指を強く押しつけてみましたが、指紋はほとんどつきませんでした。また多くの人がべたべた触っているにもかかわらず、布で拭きとったっりしなくても、汚れはほとんど目立ちませんでした。

これは、持ち歩くことを想定したウルトラブックの場合、スタイルに気を遣う人が多いため、購入時だけでなく使用時もその美しさが継続することが重要であるとDELLが考えた結果です。こうした実用性の高いデザインはうれしいですね。



炭素繊維
ボディは炭素繊維を採用しているため、耐久性が高い上に軽量。炭素繊維といえば、最近就航したボーイング 787にも採用されている素材ですよね。加工が難しいのですが、XPS 13では上の写真のように綺麗な曲線を描くよう加工されています。

軽量
このような軽量化・スリム化を図った結果、重量は最小構成で約1.36kgを実現。片手で軽々持ち上げられる重さです。これなら気軽に外に持ち出すことができると思います。

デザイン
天板部分の質感はすごくいいですね。飽きのこない高級感溢れるデザインだと思います。

次に端子類について見ていきましょう。XPS 13では端子類はすべて側面部に配置されており、背面部には配置されていません。これは、モバイルノートの場合、机の上では一番奥にPCを置くユーザーが多く、背面部に端子を配置しないで欲しいという要望が寄せられたためです。

左側面部
XPS 13の左側面部です。


端子類
本体手前(写真右)から順にヘッドホン端子、USB 3.0端子、ACアダプタ挿入口が配置されています。

右側面部
こちらは右側面部。

端子
本体手前(写真左)から順にバッテリ残量ボタン、USB 2.0(電源供給可能)、ミニディスプレイ端子が配置されています。USB端子が両側面にあるのはうれしいですね。状況に応じて使い分けることができます。

バッテリチェッカー
バッテリ残量ボタンを押すと、バッテリの残量がインジケータで示されます。いちいち液晶を開かなくてもバッテリ残量を確認できるので便利です。

左側面部
全般的に端子の種類/数は少なめ。このあたり、薄さを追求するウルトラブックの宿命とも言えるかもしれません。個人的には、映像出力端子がミニディスプレイポートしかないのが残念。外出先から帰ってきて、自宅/事務所の大型液晶につないで作業したいケースは多いと思うので、できれば普及の進むHDMI端子を搭載してほしかったところ。またカードリーダーがないのも残念。外出先でカメラの画像を取り込みたい状況も考えられますからね。

DELLのサイトでは「XPSセレクション」として、拡張デバイス(変換アダプタ、ポータブルHDD)を別途購入することもできるので、こうしたデバイスを使用して、本体で足りないスペックを補うことも可能です。 DELLの担当者によれば、こうした拡張デバイスをドッキングステーションとして活用することで、XPS 13で足りない部分を補う利用法を提案したいとのこと。XPSセレクションを見てみましたが、いずれもサードパーティベンダーのデバイスが掲載されています。DELL純正のデバイスなんかがあってもおもしろいと思います。

背面部
背面部。さきほど説明したように端子は配置されていません。

前面部
前面部。中央下に、電源がオンになっている場合に点灯するインジケータが配置されています。あまりの薄さのため、液晶を開くときに指をひっかける窪みは設定されていません。なので、片手ではちょっと開けにくいです。

dell XPS 13レビュー
次に液晶部分を見ていきます。液晶の大きさは13.3インチ、最大解像度は1366×768ドット。非常に精細感の高い液晶です。

また、液晶が枠一杯に広がっています。通常のノートでは枠に2cmぐらいの幅が設定されているのですが、このXPS 13ではほぼ全面に液晶が広がっています。この結果、11インチクラスのボディに13.3インチのディスプレイを搭載することが可能になっています。

液晶
Edge to Edgeテクノロジーにより、フレームと液晶が一体化されており、より洗練された印象を与えます。このフレームレスなデザインの採用により、同じ13.3インチ液晶を搭載したノートと比べて14%の省サイズを実現しているそうです。

レビュー
液晶には光沢パネルを採用。より鮮やかな表示が可能ですが、照明などによる映り込みが発生します。

デザイン
ガラスには、強度に優れたGorillaガラスを採用。なので液晶自体、非常に薄いのですが、両手で持って強く押してもたわんだりしません。1.5kgを下回る軽量ウルトラブックでGorillaガラスを使用しているのは、現時点ではXPS 13だけだそうです。



キーボード
次はキーボード部分。操作性の良さを判断するうえで重要な部分です。いかに軽量で薄くても、キーボードの操作性が悪ければ、まったく意味がありません。したがって、XPS 13ではキーボードにも手を抜いていません。

キーボードには独立型のキーを採用。隣のキーとの間にスペースがあるため、誤って隣のキーを打ってしまう可能性が低くなります。

キー

dell XPS 13キーボード
キーの配置は一般的ですが、通常のキーボードに比べてちょっと小さめのキーが存在するのが気になるところ。一番右に配置されているキーが全体的に小さめです。頻繁に使用するEnterキーが小さいので、慣れるまでは使いにくいかもしれません。

キータッチ
キーの表面はそれほどつるつるせず、真ん中に窪みが設定されているので打ちやすいです。

キーピッチ
キーピッチは、通常のキーボード並の約19mmを確保。なので窮屈さは感じませんでした。薄型ノートなのにキーストロークも結構深めでしっかり押した感触があるため、すごく快適に入力操作を行うことができます。これなら長時間入力作業をしていても疲れにくいかも。

キーの広さ
ブラインドタッチも問題なく行えると思います。全体的に非常に良くできたつくりになっていると思います。

触っているところ

dell XPS 13レビュー
また、キーボードにはバックライトが設定されています。これは、ウルトラブックとしての特性を考えた場合、寝室や暗い場所で使用することも考えられるためです。

バックライト
FnキーとF5を同時に押すことでバックライトのオン/オフ、明るさの調整を行うことができます。明るさは二段階の調整が可能です。

dell XPS 13 タッチパッド
タッチパッドは、クリックボタンが一緒になった一体型を採用。タッチパッドの操作性は秀逸で、ストレスなく思ったところにポインタを移動できます。クリックボタンの反応も良く、快適な操作が可能です。

操作

電源ボタン
キーボードの左上には電源ボタンが配置されています。

デザイン
シルバーとブラックのツートンのカラーリングがすごく印象的です。

底面部
底面部。バッテリは内蔵タイプとなっており、自分で交換することはできません。

ロゴ
真ん中に配置されている金属板にXPSのロゴが刻印されています。通常はパームレスト部分にシールとして貼り付けられることの多いWindows7とインテルのロゴですが、XPS 13ではこの部分に印字されています。シールが貼り付けられていると、ちょっとチープな感じがしますからね。このおかげで、XPS 13の印象がよりスタイリッシュなものになると思います。

底面
この金属板の脇には窪みが設定されています。

開ける
ここに爪を入れて持ち上げると、金属板が開きます。

サービスタグ
この中にサービスタグなどの情報を記載したシールが貼り付けられています。ここでも、スタイリッシュさへのこだわりが感じられますね。

底面

デザイン
通気孔は底面部のみに配置されています。気になる排熱ですが、タッチアンドトライイベントでずっと起動中だったXPS 13の底面部を最後に触ってみましたが、それほど熱くはありませんでした。この程度ならずっと膝の上に置いて作業していても熱くて置いていられない、ということはなさそうです。

レビュー
XPS 13の大きな特徴としてスピーディな起動が挙げられます。もともとウルトラブックでは、Intel Rapid Startが仕様になっており、高速起動が可能になっているのですが、XPS 13ではさらに最適化することにより、さらなる高速起動を実現しています。スリープモードから1秒、休止状態から4秒で起動するので、使いたいと思ったときにストレスフリーで起動してすぐに作業を行うことが可能です。

これだけ高速起動だと、タブレットPCの起動と遜色ないですね。なので、タブレットPCに比べて、検索/入力の容易なXPS 13を持ち歩く動機付けになりそうです。

さらにIntel wireless&Smart Connect technologyを採用しているため、スリープモード中もメールやスケジュールが更新されます。なので、使いたいときに更新されているというシームレスな操作を実現できます。

プレミアム電話
また、XPS 13では、評価の高いプレミアム電話サポートが標準で付いてきます。トレーニングを受けたスキルの高い専門スタッフが対応してくれます。24時間365日対応なので、深夜にトラブルが発生しても大丈夫。またXPS 13本体に加え、ソフトウェアもサポートの対象になるため、たらい回しされることがありません。翌営業日訪問修理に対応しているため、故障が発生しても安心です。

dell XPS 13レビュー
CPUは高パフォーマンスの標準版インテルCore i5-2467MかCore i7-2637Mを選択可能。メモリは4GBで固定となっており、増設はできません。ストレージは高速アクセス可能なSSDを搭載。128GBか256GBを選択できます。

dell XPS 13レビュー
バッテリ駆動時間は、最大で8時間53分となっており、外出先でもバッテリ残量が気にならないレベルだと思います。

dell XPS 13レビュー
パッケージはスタンダード、プレミアム、プラチナの3つが用意されています。選べるのは、CPUの種類とSSDの容量のみ。最もシンプルな構成のスタンダードはCore i5+128GB SSDで89,980円となっています。一般的な用途であればCore i5で十分だと思うので、SSDの容量が気にならなければ、スタンダードが買いでしょうね。大容量のデータは外付けのHDDに保存するようにして、本体のSSDは最低限のデータだけを保存しておくようにするという使い方もありだと思います。

レビュー

dell XPS 13持っているところ

dell XPS 13レビュー

XPS 13の特徴をまとめると次のとおりです。

【XPS 13の特徴】
・最薄部6mm/重量1.36kgのスリムで軽量なボディ
・標準版インテルCore i5/7プロセッサ+4GBメモリ+SSDの組み合わせにより高いパフォーマンスを発揮
・アルミの天板+炭素繊維のボディ+Gorillaガラスの採用により耐久性に優れている
・シルバーを基調としたデザインはすごく質感が高くスタイリッシュ
・実用性の高いキーボードを搭載しており操作性に優れる
・高速起動が可能でストレスフリーな操作が可能
・8時間超の長時間駆動を実現
・充実したサポートが標準で付いてくる

このように、XPS 13は高性能/高度な機能をスリムなボディに詰め込むことで、これまでのDELLノートの中で最高レベルの仕上がりになっていると思います。これだけの構成のノートが8万円台から手に入るというのは驚きですね。ずいぶんノートも安くなったものです。通常のノートに比べて端子の種類/数が限られているという、ウルトラブックの宿命のようなデメリットも存在しますが、それを補ってあまりあるメリットを多数実現していると思います。携帯性に優れた高性能ノートをお探しの方におすすめです。

*XPS 13の詳細についてはXPS13-Ultrabook (DELL Webページ)を参照してください。

【XPS 13に関する記事】
デルXPS 13のパフォーマンスをチェック!
デルXPS 13はこんな人にお勧め!
デル Ultrabook XPS 13の新製品説明会に参加してきました!
デル Ultrabook XPS 13発売!
XPS 1313比較レビュー

【XPSシリーズのほかのモデルとの違い】
デルウルトラブックXPS 13とXPS 14zの違い

デル株式会社






DELL個人向けパソコン
DELL個人向けノートパソコン
DELL法人向けデスクトップパソコン
DELL法人向けノートブックパソコン
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLパソコンをレビューで選ぶ
法人向けデルパソコン
初心者のためのデルパソコン購入講座
DELLパソコン Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンNew Inspiron 15R使用レビュー
DELLパソコンXPS 13使用レビュー
DELLパソコンInspiron 14z使用レビュー
DELLパソコンXPS 8500使用レビュー
DELLパソコンInspiron 660s使用レビュー
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • エプソンダイレクト比較購入ガイド
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
用途別パソコン一覧
  • Chromebook
  • ウルトラブック
液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
サウンドシステム
  • BOSE

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM